岩本 薫(イワモト カオル / Iwamoto Kaoru)

岩本 薫
性別
棋士段位 九段
出身地 島根県
所属 日本棋院東京本院
タイトル数 3
著書

「囲碁を世界に」

著書一覧

プロフィール

明治35年2月5日生。島根県益田市出身。大正2年故広瀬平治郎八段に入門。
大正6年入段、8年二段、9年三段、11年四段、14年五段推挙、15年六段、昭和16年七段、23年八段、42年九段、58年4月引退。
門下に曲励起九段福井正明九段福井進九段梅木英八段野口仁七段河野征夫五段新海洋子五段中村邦子二段吉田晴美初段
日本棋院東京本院所属

中盤の戦いに強く、棋風は「豆まき碁」として一時代を画した。
昭和4年に碁界から退き、ブラジルに移住。6年帰国、碁界復帰。
昭和20年の日本棋院焼失後は自宅を仮事務所にし棋院新館復興に尽力。
昭和23年から24年、日本棋院理事長を務める。
昭和29年、日本棋院中央会館開館、館長就任(30年まで)。
昭和36年、アメリカで約一年半滞在し囲碁普及。その後ヨーロッパへ(37年まで)。
昭和44年、恵比寿に囲碁サロン開設。
昭和57年、国際囲碁連盟発足。
昭和61年、囲碁サロンを売却、日本棋院に5億3千万円を寄付。
昭和63年、ブラジル・サンパウロに南米囲碁会館開設。
平成3年、ヨーロッパ囲碁文化センター開館。7年、ニューヨーク囲碁センター開設、シアトル囲碁センター開設。

平成11年11月29日逝去。97歳。

棋戦主要履歴

昭和10年
大手合優勝
昭和20年
第3期本因坊戦挑戦者となる
橋本昭宇本因坊と3勝3敗 (8月広島で原爆対局を体験)
昭和21年
本因坊決定三番勝負に2連勝して本因坊就位、薫和を号す
昭和22年
第4期本因坊戦で木谷八段を退け防衛
昭和27年
日経主催全本因坊全八段戦優勝
昭和30年
第2期NHK杯戦優勝
昭和48年
名人リーグ入り ※当時72歳

受賞歴

囲碁関連受賞履歴

昭和42年
棋道賞敢闘賞
昭和46年
大倉喜七郎賞受賞
昭和48年
棋道賞敢闘賞
平成元年
棋道賞国際賞
平成23年
日本棋院囲碁殿堂入り

その他受賞履歴

昭和42年
紫綬褒章受章
昭和47年
勲三等瑞宝章受章
昭和51年
サンフランシスコ文化勲章
昭和62年:
東京都名誉都民に選ばれる
平成14年
生誕100周年を記念し、益田市名誉市民となる

著書一覧

「囲碁を世界に」
「本因坊薫和選集」
「平成版・道策全集」(監修)