向井と里菜が前進!【第8回穹窿山兵聖杯世界女子囲碁選手権1回戦】

 11月6日(月)から中国・蘇州「穹窿山孫武書院」にて第8回穹窿山兵聖杯世界女子囲碁選手権が開幕した。日本からの参加棋士は、謝依旻六段向井千瑛五段藤沢里菜三段の3名。日中韓、中華台北をはじめ7ヵ国・地域から15名とワイルドカードの1名の合わせて16名で争われる。
 6日(月)が1回戦、7日(火)が2回戦、8日(水)が準決勝、9日の休息日をおいて、10日が決勝というスケジュールだ。中国ルールで打たれ、持ち時間は各2時間(秒読み1分5回)で制限時間を超えた場合は切れ負けとなる。

 6日(月)の1回戦の結果は以下の通り。謝が無念の敗退を喫したが、藤沢と向井がともに勝って7日(火)に行われる2回戦へ進出した。2回戦への勝ち上がりは日本2名、中国3名、韓国3名で3ヵ国がほぼ並んだ格好だ。

 詳細は、週刊碁の記事にてお楽しみください。

1回戦結果

――△印は先番。左側が勝者
11月6日(月)1回戦
 向井千瑛五段(日)―△陸 敏全四段(中)
 呉 政娥三段(韓)―△謝 依旻六段(日)
 藤沢里菜三段(日)―△黒 嘉嘉七段(オセアニア)
△於 之瑩六段(中)― 王 崟郦(北米)
 呉 侑珍五段(韓)―△高  星三段(中)
 崔  精七段(韓)―△李  赫五段(中)
 王 晨星五段(中)△張 凱馨五段(台)
 潘  陽二段(中)△Manuela Marz(欧州)


日本の女流第一人者である藤沢(右)、中華台北の黒を破る

日本の謝(右)は藤沢と女流本因坊戦第3局の秋田から東京を経て中国入り。結果は無念

日本から参加の向井(右)。中国の陸を破って、2回戦へ

大会会場。報道陣の取材も対局に負けず熱い?

日本のマスコミにも取り上げられることが多くなった黒七段(左)はオセアニア枠で出場

2回戦組み合わせ

11月7日(火)
崔  精七段(韓)―向井千瑛五段(日)
於 之瑩六段(中)―呉 政娥三段(韓)
呉 侑珍五段(韓)―潘  陽二段(中)
王 晨星五段(中)―藤沢里菜三段(日)

参加選手

日本
中国 於之瑩六段、王晨星五段、李赫五段、陸敏全四段、潘陽二段
韓国 崔精七段、呉侑珍五段、呉政娥三段
中華台北 張凱馨五段
オセアニア 黒嘉嘉七段
欧州 Manuela Marz
北米 王崟郦
ワイルドカード 高星三段

第8回穹窿山兵聖杯世界女子囲碁選手権はネット対局「幽玄の間」でライブ中継いたします。

関連記事