謝、向井、里菜が参戦!【第8回穹窿山兵聖杯世界女子囲碁選手権】(11/6-10)

 11月6日(月)から中国・蘇州「穹窿山孫武書院」にて第8回穹窿山兵聖杯世界女子囲碁選手権が開催される。日本からの参加棋士は、謝依旻六段向井千瑛五段藤沢里菜三段の3名だ。日中韓、中華台北をはじめ7ヵ国・地域から15名とワイルドカードの1名の合わせて16名で争われる。
 6日(月)が1回戦、7日(火)が2回戦、8日(水)が準決勝、9日の休息日をおいて、10日が決勝というスケジュールだ。中国ルールで打たれ、持ち時間は各2時間(秒読み1分5回)で制限時間を超えた場合は切れ負けとなる。
 日本棋士3名の活躍はもちろん、各国棋士の華やかな盤上の勝負にご注目ください。

参加選手

日本
中国 於之瑩六段、王晨星五段、李赫五段、陸敏全四段、潘陽二段
韓国 崔精七段、呉侑珍五段、呉政娥三段
中華台北 張凱馨五段
オセアニア 黒嘉嘉七段
欧州 Manuela Marz
北米 王崟郦
ワイルドカード 高星三段