藤沢里菜三段が碁聖戦本戦入り!

 9月21日に第43期碁聖戦【主催:新聞囲碁連盟】予選A決勝・藤沢里菜三段小山空也三段の対局が行われ、藤沢三段が黒番中押し勝ちをおさめ、本戦出場を決めた。
 この対局は日本棋院ネット対局「幽玄の間」で中継いたしました。

 七大タイトル戦(棋聖・名人・本因坊・王座・天元・碁聖・十段)で女流棋士が本戦入りするのは平成20年に第35期天元戦加藤啓子六段桑原陽子五段(現六段)が同時に本戦入りして以来9年ぶり。女流棋士史上9人目となる。

 藤沢三段は「一般棋戦の本戦入りは目標だったので、うれしいです。 初の本戦は楽しみ。自分らしく精一杯打ちたいです。一局でも多く対局したいです」と語った。

藤沢里菜三段

女流棋士の七大タイトル戦本戦出場(段位は当時)

棋士名棋戦
1. 本田幸子五段 天元戦 昭和54年
2. 小林禮子六段 天元戦 昭和55年
3. 楠光子五段 碁聖戦 昭和58年
4. 小川誠子五段 天元戦 平成5年
5. 吉田美香六段 碁聖戦 平成7年
6. 小林泉美五段 十段戦 平成15年
小林泉美六段 十段戦 平成16年
7. 加藤啓子六段 天元戦 平成20年
8. 桑原陽子五段 天元戦 平成20年
9. 藤沢里菜三段 碁聖戦 平成29年

これまで本戦で勝利を挙げた女流棋士は無し。
第43期碁聖戦本戦は出場者が出揃い次第組み合わせ抽選を行い、11月頃に開幕の予定。