井山の封じ手は18の十二、切り【第42期名人戦挑戦手合七番勝負第1局】

 高尾紳路名人井山裕太六冠が挑戦する第42期名人戦挑戦手合七番勝負(主催:朝日新聞社)が8月30日(水)に大阪府大阪市「コンラッド大阪」で開幕した。握りの結果、井山挑戦者の黒番で対局が始まった。

 1日目は黒番の井山が97手目を封じて打ちかけとなった。封じたのは17時31分、持時間8時間のうち消費時間は黒番の井山が3時間29分、白番の高尾が4時間2分だった。
 31日の2日目に入って9時に注目の封じ手が開封された。「18の十二」の切りが立会の小林光一名誉名人から高尾に示された。
 熱戦の行方は? 本日夕刻に終局の見込み。ぜひご注目ください。


封じ手を開封し、立会の小林名誉名人(中)が高尾(左)に示す

対局室から大阪市内を一望できる

第42期名人戦第1局封じ手(75手目)まで

白:高尾紳路名人 黒:井山裕太挑戦者


(幽玄の間解説:大橋成哉七段

名人戦七番勝負は日本棋院ネット対局「幽玄の間」でライブ中継いたします。

また、ニコニコ生放送でも生中継いたします。

第42期名人戦挑戦手合七番勝負特設ページはこちら

ネット対局「幽玄の間」では封じ手予想クイズシリーズ勝敗予想クイズを実施します。 たくさんのご応募お待ちしております!

関連記事

井山の先番で開幕【第42期名人戦挑戦手合七番勝負第1局】
井山が97手目を封じる【第42期名人戦挑戦手合七番勝負第1局】