井山好発進!2度目の七冠後1勝目【第65期王座戦挑戦手合五番勝負第1局】

 第65期王座戦挑戦手合五番勝負(主催・日本経済新聞社)の第1局が10月20日(金)に神奈川県横浜市の横浜ロイヤルパークホテルで開幕した。顔合わせは、天元戦五番勝負と同じく井山裕太王座一力遼七段が挑戦する。

 対局は10時から開始。握りの結果、一力の先番で始まった。持ち時間は各3時間、5分前から1分の秒読みとなる。
 結果、17時42分終局、168手完、井山の白中押し勝ちとなった。井山は名人奪還による2度目の七冠を保持しての第1戦を勝った。一力は白熱した勝負を展開したものの初戦を落としてしまった。
 注目の王座戦第2局は、11月18日(土)に、兵庫県神戸市の「ホテルオークラ神戸」で行われる。

 詳細は、主催の日本経済新聞社の報道と観戦記、王座戦特設サイト週刊碁月刊碁ワールドの記事にてお楽しみください。

終局後、両雄のコメント

井山王座「上辺の白を攻められてあまり良くなかった。よくわからなかったが、下辺の戦いで少し得をして、難しくなったと思う。全体的に苦しかったが、右上を生きて勝ちが見えた。勝てたのは運が良かった」」
一力七段「左下をカケた時に、押されて黒が良くなかった。出切られてからは苦しかった。苦しいと思っていたが、下辺の戦いを正しく打てば難しかったと思う。中盤以降ミスが多かった」


対局開始の時の険しい表情から、井山は安堵の顔を見せた

一力、無念の思いが表情に浮かぶ

終局後、感想戦での両雄。双方の持ち味を存分に発揮した死闘にファンがシビれた?

対局室へ入る井山。高層ビルの中ということを忘れそう

対局場から南西方向の横浜市内を望む

井山「勝てたのは運が良かった」

第65期王座戦挑戦手合五番勝負・第1局

白:井山裕太王座 黒:一力遼七段 白番中押し勝ち

(「幽玄の間」解説・柳時熏九段

王座戦挑戦手合五番勝負は、日本棋院ネット対局「幽玄の間」でライブ中継いたします。

現地陣営

立会
小林覚九段
新聞解説
張栩九段
大盤解説会
(日経本社)解説・二十四世本因坊秀芳、聞き手・吉原由香里六段
記録
外柳是聞二段横塚力二段

大盤解説会

関連記事