ワールド碁チャンピオンシップが開幕!

日本、中国、韓国の代表棋士と囲碁AI代表による初の囲碁世界戦ワールド碁チャンピオンシップ(特設サイトは こちら)が3月21日に大阪市の日本棋院関西総本部で開幕した。21日から23日まで総当りリーグ3回戦で争われ、勝数が同数の場合は24日にプレーオフ(優勝決定戦)を実施する。
20日に対戦順を決める抽選が行われ、井山裕太九段(日本)-朴廷桓九段(韓国)、芈昱廷九段(中国)-DeepZenGo(囲碁AI)の組合せで10時30分から対局が始まった。

(写真撮影・長尾迪)

井山裕太九段(右)の初戦は韓国の朴廷桓九段との対戦
DeepZenGo(左)と中国の芈昱廷九段。モニターを見て着手するのはDeepZenGo開発チーム代表の加藤英樹氏
対局室には海外からも多くの報道陣が詰め掛けた

対戦表

DZG井山
DeepZenGo(囲碁AI) 3/21 3/22 3/23
芈 昱廷九段(中 国) 3/21 3/23 3/22
朴 廷桓九段(韓 国) 3/22 3/23 3/21
井山裕太九段(日 本) 3/23 3/22 3/21

ワールド碁チャンピオンシップは、日本棋院ネット対局「幽玄の間」で全局解説付きでライブ中継いたします。

ホテル阪急インターナショナル、日本棋院東京本院(詳細)、梅田囲碁サロン(詳細)で大盤解説会が行われます。東京本院と梅田囲碁サロンは事前申込不要で参加可能です。

囲碁プレミアム囲碁・将棋チャンネルYouTubeライブニコニコ生放送で中継されます。