芝野虎丸七段が最多勝と最多対局の二部門1位 許家元七段が勝率1位【平成29年日本棋院公式棋戦最多勝・最多対局・勝率1位】

日本棋院公式棋戦は12月21日(木)の対局をもちまして平成29年の対局終了となりました。

芝野虎丸七段が66局53勝13敗で年間最多勝と最多対局。勝率1位は芝野と許家元七段が最終局まで争ったが、許が8割0分3厘6毛、芝野が8割0分3厘0毛となり、6毛差で許が勝率1位となった。また、芝野は連勝部門で井山裕太七冠と並ぶ16連勝を記録し連勝1位となった。

女流棋士では藤沢里菜女流立葵杯が自身二度目の年間40勝に到達。女流歴代2位タイの勝ち星となった。女流歴代1位は平成13年の小林泉美で41勝。平成19年の謝依旻、平成26年の藤沢里菜が40勝で2位タイ。

各部門の表彰は平成30年3月の合同表彰式で行われる。

平成29年の公式棋戦のうち、コミ6目半の対局は3811局が行われた。このうち黒番勝ちが1913局、白番勝ちが1898局。黒番が3年ぶりの勝ち越しとなった。本戦以上(挑戦手合・リーグ戦・本戦)では黒番勝ちが405局、白番勝ちが424局。本戦以上では白番が3年連続の勝ち越しとなった。※中国主催のコミ7目半の対局は集計から除いています。

平成29年勝ち星ランキング

1. 芝野虎丸七段 53勝13敗
2. 許家元七段  45勝11敗
3. 一力遼八段  44勝20敗
4. 井山裕太七冠 42勝12敗
5. 藤沢里菜女流立葵杯 40勝23敗

平成29年勝率ランキング

1. 許家元七段  45勝11敗 .8036
2. 芝野虎丸七段 53勝13敗 .8030
3. 井山裕太七冠 42勝12敗 .778
4. 志田達哉七段 38勝11敗 .776
5. 六浦雄太七段 38勝12敗 .760

平成29年対局数ランキング

1. 芝野虎丸七段 66局53勝13敗
2. 一力遼八段  64局44勝20敗
3. 藤沢里菜女流立葵杯 63局40勝23敗
4. 許家元七段  56局45勝11敗
4. 謝依旻女流本因坊 56局34勝22敗