井山裕太七冠の国民栄誉賞受賞の決定について

 本日、1月5日に行われた閣議において、井山裕太七冠(日本棋院)と羽生善治永世七冠(日本将棋連盟)の国民栄誉賞受賞が決定され、政府より発表されました。
 国民栄誉賞受賞に関する井山裕太七冠および関係者のコメントは以下の通りとなります。

【 井山裕太七冠 】
 この度、国民栄誉賞を受賞させていただく事となり、大変光栄であるのと同時に、身の引き締まる思いです。
 棋士としてまだまだ発展途上の自分がこのような賞をいただいて良いのかという思いはありますが、今後に期待していただいているものと理解しております。
 少しずつでも前に進んでいけるよう、これからも誠心誠意、囲碁に向き合っていきたいと思います。
【團宏明日本棋院理事長】
 日本棋院の井山裕太九段に、国民栄誉賞が受賞されることは、日本棋院としてもこの上ない光栄であります。井山九段は昨年七冠を制覇し、総理大臣顕彰を受けられましたが、その後も国内外において活躍され、再度の七冠制覇という快挙を成し遂げました。
 長い伝統を誇る日本の文化であり、広く国民の皆様に愛されてきた囲碁における新しい世界を開かれつつあると思います。
 また、将棋界から羽生善治永世七冠が同時に受賞されることも、同じ日本文化を担うものとして大変に嬉しく思います。
【石井邦生九段】(師匠)
 国民栄誉賞受賞、誠におめでとうございます。  全国数百万の囲碁ファンの皆様方はこの朗報に拍手喝采を送って下さることでしょうし、私も身の震えるような思いをしています。
 井山君はプロ棋士になって16年になりますが、これからの道程の方が数倍も長いのです。
 この素晴らしい栄誉と重みを担ってこの受賞を励みとし、これまで以上に研鑽に努め囲碁界の発展のために尽力して下さい。
【大竹英雄名誉碁聖】(日本棋院顧問)
 今回の受賞は日本棋院としても囲碁界としても、大変嬉しいことであり、ありがたいことです。七冠を2度達成するなど、その凄さには驚きを持っていますが、井山さんは今後、さらに成長されるだろうと確信しております。今回の受賞は世界の囲碁ファンが喜んでくれると思っています。囲碁を通じて世界平和の一助となることを期待しています。

この件に関する問い合わせ

公益財団法人日本棋院 広報コミュニケーション室
TEL:03-3288-8605