【ニュースリリース】九州大学で囲碁授業を新規開講

 10月から、九州大学(総長・久保千春)が、基幹教育の新科目として「囲碁で養う考える力」を開講することになりました。公益財団法人日本棋院(理事長・和田紀夫)では、日本棋院九州本部(本部長・貫正義)とともに、九州大学の囲碁授業成功に向けて協力して参ります。

 講師は、全15コマのうち計3回を日本棋院東京本院所属の吉原由香里六段が担当し、ほか12回を日本棋院九州本部の協力を得て地元有志2人が担当することになりました。

 日本棋院では、囲碁は、
「大局観(グランドデザイン)を養える」
「論理的な思考、集中力、忍耐力を養える」
「世代間、国際交流のコミュニケーション力を付ける」
「答えのない局面で考える力、能動的に考える(頭を使う)力を身につける」
「負ける経験をして、それを克服する心を鍛えられる」
ものとして、これを用いた授業を小・中・高・大学等各教育機関に導入の働きかけを行っております。

 なお、平成27年9月現在、日本棋院が大学囲碁授業で協力している大学等は以下の通りになります。
は公開講座
導入大学等一覧(導入年次順)
  • 東京大学
  • 東邦大学
  • 早稲田大学
  • 慶応大学
  • 皇学館大学
  • 青山学院大学
  • 埼玉大学
  • 琉球大学
  • 東京工業大学
  • 筑波大学
  • 江戸川大学
  • 近畿大学
  • 京都大学
  • 名古屋大学
  • 福山大学
  • 一橋大学
  • 神奈川大学
  • 大阪大学
  • 福島大学
  • 日本農業経営大学校
  • 東京学芸大学
  • 熊本学園大学
  • 九州大学
  • ※ また、高等学校では4校、中学校5校、小学校28校でも囲碁授業を実施し、棋士とアマチュア講師を派遣しています。

この件に関する問い合わせ

日本棋院・学校推進室
TEL:03-3288-8605、koho@nihonkiin.or.jp