第46回大倉喜七郎賞・第54回秀哉賞の受賞者決まる

 平素は弊院に対し格別のご高配を賜り、御礼申し上げます。今般、「大倉喜七郎賞」並びに「秀哉賞」の受賞者が、1月31日に開催された選考委員会で以下の通り決まりました。
1.「第46回大倉喜七郎賞」 ※ 敬称略年齢順
 大倉喜七郎賞は故大倉喜七郎氏の遺徳をたたえ、プロ、アマ、国内外を問わず囲碁普及に特に功労のあった方に贈られる賞で、第46回の受賞者は下記の3名の方々です。
  • 山根 敏郎(やまね としろう)(日本棋院長野県本部本部長 長野県日中友好協会副会長) 88歳
    日本棋院長野県本部本部長として長年に亘り本部運営に多大な貢献をし、長野県囲碁界の発展に尽力。また、友好都市の締結をしている中国河北省石家荘市との囲碁交流を推進。
  • 田中 毅(たなか たけし)(ロータリー囲碁同好会 名誉会長) 83歳
    ロータリー囲碁同好会設立に尽力。現在国際組織となった「囲碁同好会(GPFR)」は、16年間に亘り、国際親善囲碁大会を開催するなど、囲碁を通じた国際親善に多大な貢献。
  • 南 嘉輝(みなみよしてる)(一般財団法人 温知会 会津中央病院 理事長) 75歳
    平成26年女流棋戦「会津中央病院杯女流囲碁トーナメント戦」を創設。「温知会杯争奪囲碁大会」や被災地福島の復興の為、会津若松市にて「囲碁・将棋大会」を開催し、福島県囲碁界の活性化に尽力。
  • * 大倉喜七郎賞選考委員
    淡河 義正、大崎 磐夫、渡部 恒三の各氏及び團 宏明理事長、山城 宏副理事長
2.「第54回秀哉賞」
 秀哉賞は第21世本因坊秀哉名人の業績を永く記念するため、成績優秀で将来が嘱望される棋士に贈られる賞で、今回の受賞者と授賞理由は以下の通りです。
井山 裕太 (いやまゆうた) 棋聖・本因坊・王座・天元・碁聖・十段(27歳)
同時七冠制覇は、前人未踏の功績。
話題性、ニュース性のうえでも、囲碁界に大きな貢献。
  • * 秀哉賞選考委員
    斎藤 十朗、三好 徹の両氏及び團 宏明理事長、山城 宏副理事長、大淵 盛人秀哉一門代表、武宮 正樹棋士会長
井山 裕太六冠

【 ご案内 】
「第46回大倉喜七郎賞」「第54回秀哉賞」の授与式は、3月28日(火)午前11時より日本棋院で開催される合同表彰式にておこなわれます。

お申込み・お問い合わせ先

日本棋院総務人事部 : 03-3288-8601