第44回大倉喜七郎賞受賞者決まる

― 第44回大倉喜七郎賞受賞者決まる ―


今般、「大倉喜七郎賞」の受賞者が、以下の通り決まりました。

「第44回大倉喜七郎賞」  ※敬称略年齢順
大倉喜七郎賞は故大倉喜七郎氏の遺徳をたたえ、プロ、アマ、国内外を問わず囲碁普及に特に功労のあった方に贈られる賞で、第44回の受賞者は下記の4名の方々です。

濱田 益嗣 ( はまだ ますたね )
株式会社濱田総業 代表取締役社長 77歳
「おかげ杯」創設並びに、若手国際団体戦と若手国際女流個人戦である、おかげ杯国際新鋭対抗戦の開催に協賛し囲碁界に多大なる貢献。
永田 武彦 ( ながた たけひこ )
株式会社北見ハッカ通商 代表取締役社長 74歳
永く北海道本部役員として北海道囲碁界を支援し、北見ハッカ通商杯全道囲碁最強戦を主催し、北海道囲碁界活性化に大きく貢献。
大宮 久 ( おおみや ひさし )
宝酒造株式会社 代表取締役会長 71歳
「宝酒造杯」開催。全国各地11会場で大会を開催し7,412名を数える多数の囲碁ファンが参加し、女性、級位者を含めた囲碁ファン拡大に大きく貢献。
羽根 泰正 ( はね やすまさ )
日本棋院中部総本部所属棋士 九段 70歳
平成2年第38期王座獲得 同20年通算1,100勝達成(史上6人目)
三重県支部連合会顧問として囲碁愛好家との交流ならびに囲碁普及に尽力。


2月3日に開催された大倉喜七郎賞選考委員会で選考の後、同日の常務理事会で決定。
(同選考委員は大崎磐夫氏及び和田紀夫理事長、蛇川忠暉副理事長、山城宏副理事長)

【ご案内】 「第44回大倉喜七郎賞」の授与式は、3月31日(火)午前11時より日本棋院で開催される合同表彰式にておこなわれます。
この件に関する問い合わせ  日本棋院総務人事部 : 03-3288-8601