【東京本院】「JENESYS2.0」中国大学生訪日団との囲碁交流対局

「JENESYS2.0」中国大学生訪日団との囲碁交流対局

参加者募集

 青少年交流事業「JENESYS2.0」の一環として、中国大学生訪日団第29陣152名(予定)が2016年12月11日(日)から12月18日(日)まで来日します。本団は、「中国で教育を専攻する大学生」・「芸術を専攻する大学生」・「囲碁を嗜む大学生(囲碁は28名)」で構成され、大学訪問や日本の大学生等との交流プログラムを通し、親睦を深めるほか、日本の政治・経済・科学技術・社会・歴史・文化・地域に関する視察など、日本理解につながる活動を行います。ついては、下記の通り交流対局を開催いたしますので奮ってご参加をお願いいたします。

大会
JENESYS2.0」日中大学生囲碁交流対局
主催
公益財団法人日中友好会館(〒112-0004 東京都文京区後楽1-5-3 Tel:03-5800-3749)
協力
公益財団法人日本棋院
日時
2016年12月13日(火) 10時30分集合(10:30~17:00予定 計3局位)
会場
日本棋院東京本院 7階ホールA(東京都千代田区五番町7-2)
募集
国籍・棋力を問わず参加を希望する大学生、参加費無料(当日昼食弁当付)
募集人数
先着23名様まで
申込
メールにてお申込み 日本棋院海外室まで y-mori@nihonkiin.or.jp
★氏名・大学名・学年・棋力・性別を必ず書き添えて送信してください。
締切
12月5日(月)まで
訪問予定者
囲碁を嗜む中国大学生28名(男子20名+女子8名)、引率通訳2名の計30名(予定)
(引率:張文東九段・中国棋院研修推進部部長)
参加中国学生の囲碁レベルはプロ4段1名、プロ2段3名、プロ初段1名のプロ計:5名、アマチュア6段2名、5段16名、4段5名のアマチュア計:23名。
中国からのプロ5名に対しては、日本棋院からナショナルチームU20等の若手棋士が、勉強会の交流として参加します。

お申込み・お問い合わせ先

公益財団法人日本棋院 海外室
〒102-0076 東京都千代田区五番町7-2
Tel:03-3288-8727  Fax:03-3239-0899  E-mail:y-mori@nihonkiin.or.jp
  • ※ 「JENESYS2.0」は、2007年から行われた「JENESYS(21世紀東アジア青少年大交流計画)」の後継として、アジア大洋州諸国との間で、3万人規模の青少年交流を実施するもので、外務省が行う青年交流事業。本事業を通し、日本経済の再生に向けて、日本に対する潜在的な関心の増進、訪日外国人の増加や、クールジャパンを含めた日本の強みや魅力等の日本ブランド・日本的な「価値」への国際理解の促進を目指している。
    過去2014年11月22日~23日中韓大学生囲碁交流(東京中国文化センター)・JENESYS2.0日中韓親善対局開催。2016年3月9日JENESYS2.0中国大学生訪日団第26陣との囲碁交流を開催している。