今年、第8回を迎える「くらしき吉備真備杯こども棋聖戦」2018。
全国大会と都道府県予選をご案内いたします。
7月の西日本豪雨により、倉敷市真備町が大きな被害を受けました。
例年の全国大会会場「マービーふれあいセンター」も大規模な浸水被害を受け、
使用不可となってしまいました。
会場をくらしき山陽ハイツに移し、今年も「こども棋聖」を目指そう!!
大会名
第7回くらしき吉備真備杯 こども棋聖戦 全国大会
日程
2019年(平成31年)1月12日(土)〜13日(日)
会場
くらしき山陽ハイツ( 岡山県倉敷市有城1265 )
※ 例年と会場が違います。ご注意ください。
出場
各県代表選手に選ばれた小学校低学年の部48名、高学年の部48名
主催
倉敷市読売新聞社、日本棋院、倉敷市文化振興財団
共催
倉敷市教育委員会山陽新聞社
後援
矢掛町関西棋院
協賛
幻冬舎
☆ くらしき吉備真備杯こども棋聖戦とは ☆
中国から囲碁を持ち帰ったと伝えられる吉備真備ゆかりの地・岡山県倉敷市真備町で行われる小学生の全国大会。
吉備真備の偉業顕彰、囲碁文化の振興を通じて、倉敷市の魅力を全国に発信します。
都道府県予選を勝ち抜いた小学校低学年の部48名、高学年の部48名を倉敷市にご招待。
「こども棋聖」の称号をかけて熱戦を繰り広げて頂きます!