消しと利かし

消しと利かし

e 碁500円(税込)

i 碁600円(税込)

発売日 2012年9月7日

223頁

消しと利かし烏鷺うろブックス

「消し」とはなんぞや。「利かし」とはなんぞや。そう問われて、うまく言葉で表現出来る人は相当な実力者といっていいでしょう。
 一局の碁で必ず試みられる「消し」や「利かし」は、その局面に応じてケース・バイ・ケースで消化しており、それを定義づけるのは、かなりむずかしい問題だからです。この書をまとめるに際して、まず、そのことがひとつのネックになりました。共通するパターンを取り出し、こうこうこうだから、こうすればよいというようなことが、なかなかむずかしいからです。
 本書によって皆さんが、本来の意味を正しく理解され、実戦において応用し、さらに上達していただければ幸いです。