碁界を制覇

碁界を制覇

e 碁1,000円(税込)

i 碁1,080円(税込)

発売日 2013年6月29日

255頁

碁界を制覇炎の勝負師 坂田栄男2

 第1巻は私のいわば修業時代の打碁を扱いましたが、本巻は多少の時代の重複はあるものの、私の収穫期の打碁を主な題材としています。
 昭和三十六年と三十九年、二度にわたる七冠王の絶頂期を中心に、戦えば勝った、連勝のモニュメントです。
 中でも白眉と言えるのは、今は故人となった高川名誉本因坊との角遂でしょう。先に本因坊九連覇の大記録を樹立し、タイトル争いで先行していた高川氏に迫り、一気に追い抜いた勢いをご覧いただきます。さらにこのころから頭角を現した藤沢秀行九段との、お互いに闘志をむき出しにした激闘も、今となっては懐かしい思い出です。
 終わりの方で新星・林海峰九段が登場してきます。すでに私の時代に終止符を打つだけの素材であることを意識しないわけにはいきませんでした。歴史の流れは、個人の力ではせき止めることができないものなのでしょう。
 本巻は勝ち碁を中心の取材なので面はゆくもありますが、一つの時代を創った棋士の懐旧として賞玩いただければさいわいです。