学校囲碁指導員申請手続き方法

学校囲碁指導員

新規申請手続き

(1)講習会の受講
学校囲碁指導員講習会は、毎年度9月~3月に開催する予定です。 受講者は会場で講習会出席の登録(受講者名簿)をします。 学校囲碁指導員の資格申請は、本講習会の受講日から6ヶ月以内が有効となります。
(2)日本棋院に申請
 下記申請書類に認定料を添えて日本棋院へ申請(郵送)します。
  1. 顔写真 ( 縦4cm×横3cm ) 1枚 ( カラー、光沢つや仕上げ )
  2. 申請書 ( 新規規定書式001 ) 1通
  3. 誓約書 ( 新規規定書式002 ) 1通
  4. 推薦状 ( 新規規定書式003 ) 1通
  5. 認定料 2,160円(現金書留、郵便局の払込取払票をご利用ください)
 

推薦状について

推薦状は、下記のいずれかの推薦者の署名が必要です。
  1. 学校の代表者 ( 学校長、園長など )
  2. 学校の所轄庁 ( 大学学長、教育委員会、都道府県知事など )
  3. 棋士
  4. 日本棋院県本部、支部・支部連合会
  5. 全国高等学校囲碁連盟
  6. 申請者本人以外の教育職員免許法でいう「免許」を有する者。但しこの場合は、申請者の免許状の写しとともに、推薦者の免許状の写しも添付しなければなりません。(詳細は学校囲碁指導員規定を参照)
(3)審査及び認定
 日本棋院では申請受理後、書類審査を行い、結果を本人に通知します。
 学校囲碁指導員と認めた者には、「学校囲碁指導員証」を交付いたします。

更新手続き

(1)日本棋院に申請
日本棋院に申請
 下記申請書類に認定料を添えて日本棋院へ更新手続きを(郵送)します。
  1. 顔写真 ( 縦4cm×横3cm ) 1枚 ( カラー、光沢つや仕上げ )
  2. 継続申請書(更新規定書式004 ) 1通
  3. 認定料 2,160円
 

認定料の送金方法

  1. 現金書留 ( 申請書・顔写真を同封可 )
  2. 郵便局の払込取扱票 ( 申請書・顔写真は別途郵送 )
    郵便局備え付けの払込取扱票に口座番号・金額・加入者名、通信欄に『学校囲碁指導員 継続料金』の文字と学校指導員番号、ご依頼人欄にお客様の氏名・住所・電話番号をご記入ください。
    振込取扱票 記入例
    振込取扱票 記入例 クリックで拡大

現金書留送料、もしくは払込手数料はお客様のご負担となります。

(2) 資格の有効期限と更新
 資格の有効期限は3年間です。
 その間に登録した住所・姓名など変更があった場合はすみやかに日本棋院へ通知してください。
 有効期間満了前後6ヶ月以内に更新手続きを完了すれば3年間延長することができ、以後同様に更新することができます。有効期間満了後6ヶ月を超え1年以内の場合は、新規認定扱いとして、再度審査を受けることになります。
(3) 資格の取消し
資格の有効期間満了から更新手続きをせず1年を超えた場合は、資格を失います。また資格の有効期限内であっても下記に該当または日本棋院が判断した場合は、その資格を取消すことができます。
  1. 教育職員免許法でいう免許状を失効・取上げられた者
  2. 児童福祉法で定める保育士の資格・登録を取消された者
  3. 日本棋院が指導員としての適性を欠くと判断した者
  4. 日本棋院の方針に従わない者
  5. 住所変更の届出がなく、1年以上本人との連絡が取れない場合

この学校囲碁指導員講習会は「競輪公益資金」の補助を受けて開催します。