【ニュースリリース】日本棋院 『岩本北米囲碁基金』に200万米ドルを寄贈

ニュースリリース(2014年11月25日)

日本棋院 『岩本北米囲碁基金』に200万米ドルを寄贈


 日本棋院(和田紀夫理事長)は、本日11月25日の理事会において、米国NPO法人『岩本北米囲碁基金』(以下 INAF[アイナフ])へ、200万米ドルを拠出することを決定しました。
 INAFは、海外への囲碁普及に尽力された故岩本薫九段の遺志を継ぎ、北米囲碁の促進活動を支援するため設立されました。
 基金は『アメリカ東海岸碁センター』の活動促進や、また文化交流、指導プログラムなど北米での囲碁普及活動に助成金を支給し、これら活動を支援します。
 INAFでは準備が整い次第、これら活動の提案を募集いたします。
 詳細についてはINAFのホームページをご覧ください。
 なお、INAFの理事会メンバーは日本棋院から3名、アメリカ囲碁協会から3名の計6名になります。

INAF 理事 : 会長 和田紀夫(日本棋院理事長)
理事 山城 宏(日本棋院副理事長)
理事 真崎秀介(日本棋院常務理事兼事務局長)
理事 アンディ・オークン(AGA会長)
理事 トーマス・シアン(AGA副会長)
理事 デビット・ウィマー


INAFのホームページ : http://www.inaf-go.org/(英語)

【 お問合わせ 】公益財団法人 日本棋院 海外室 TEL03-3288-8727