小松大樹二段と大学生11名が囲碁交流プログラムでロシアを訪問

 6月29日より7月6日まで、日本の大学生11名が、小松大樹二段を団長として、ロシアのモスクワ、サンクトペテルブルクを訪問し、現地の愛好家と囲碁交流を実施します。
 これは、日露両国の政府間協定にもとづく日露青年交流事業の一環で、当プログラムを通じて、日本人とロシア人がお互いに対する理解と興味をより深めること、将来に続くロシア人との友人関係を築くことを主たる目的とし、日本棋院が協力しています。

主催
日露青年交流センター、ロシア囲碁連盟
後援
ロシア連邦教育科学省、日本国外務省
詳細は、ロシア囲碁連盟のリリース(ロシア語・日本語)をご参照下さい
小松 大樹二段