広岡浅子さんと喜多文子名誉八段の棋譜を特設サイトで公開!

 NHK連続テレビ小説「あさが来た 」(NHK )の主人公〝白岡あさ〟のモデルで、大同生命保険株式会社(以下大同生命)の創業者の一人である女性実業家・広岡浅子さんと、囲碁の喜多文子名誉八段の指導碁の棋譜が、明治41年の朝日新聞に掲載されていることがわかりました。
 大同生命の特設サイト「大同生命の源流ー加島屋と広岡浅子 」内のコラムにて、この棋譜の再現を通して広岡浅子さんの囲碁の実力や人柄を知るという企画が行われ、日本棋院も全面的に協力しています。
 再現対局場所を提供するとともに、万波奈穂三段長島梢恵二段の二名が再現企画に協力し、棋譜を読み解きました。
 また喜多名誉八段の直弟子にあたる杉内寿子八段も、浅子さんの棋力や両者の関係について貴重なコメントを寄せています。
 囲碁を知らない方にも、囲碁ファンにも注目の企画、ぜひご覧下さい。
喜多文子名誉八段
公開日
2016年1月6日(前篇)、1月13日(後編)
解説
万波奈穂三段長島梢恵二段
特設サイト
http://kajimaya-asako.daido-life.co.jp/