コンピュータ囲碁プログラム講習会を電通大で開催

これで書ける!「コンピュータ囲碁講習会」

 最近強くなったと言われているコンピュータ囲碁のプログラムには興味があるけど、どうやって書いたら良いのかわからない!思考ゲームのAIを書いてみたい、勉強してみたい!という人のために、この講習会を企画しました。
 講習会では、九路盤の囲碁を題材にして、現在多くのコンピュータ囲碁で用いられ、成功しているモンテカルロアプローチ、特にUCT(Upper Confidence bound for Tree search)のプログラムを実際に書いていただいて、ミニ大会を行うレベルのプログラムを書けるまで、実践形式で解説を進めていきます。
主催
コンピュータ囲碁フォーラムエンターテイメントと認知科学研究ステーション
後援
株式会社 囲碁将棋チャンネル 、公益財団法人 日本棋院
参加形態
「第0回のみ参加」か「(第0回から第3回まで)すべて参加」のいずれかになります。いずれかをお選びください。
参加要件
参加要件は以下のようになります。但し、「第0回のみ参加」の方は、0)のみで結構です。
  • 0)コンピュータ囲碁のプログラムの仕組みに興味があること。
  • 1)コンピュータ囲碁のプログラムを書いてみたいというモティベーションがあること。(最低限の囲碁のルールを知っていること)
  • 2)C言語に触れたことがあること。
  • 3)C言語の開発環境を備えたノートパソコンを持参できること。
  • ※ コンピュータ囲碁開発経験の有無は問いません。開発経験のない人でも、理解できるように進める予定です。
日程と概要
日程 講師 内容
第0回 7月25日(土)10:30-12:00 美添一樹さん 概論編
第1回 8月1日(土)13:00-17:00 山下 宏さん 実践編1 ルール通りに打つ
第2回 8月8日(土)13:00-17:00 山下 宏さん 実践編2 UCTアルゴリズムで打つ
第3回 9月12日(土)13:00-17:00 山下 宏さん おさらいとミニゲーム大会
場所
電気通信大学 西9号館 3階AVホール
参加費
無料
参加予定人数
30名程度(但し、第0回のみは、最大50名程度)
講師
山下 宏 氏、美添一樹氏
参考文献
コンピュータ囲碁 ~ モンテカルロ法の理論と実践 ~、共立出版(2012)