小林覚が4年ぶり2回目の優勝!【第7回フマキラー囲碁マスターズカップ決勝】

第7回フマキラー囲碁マスターズカップ【協賛:フマキラー株式会社の決勝戦、趙治勲名誉名人小林覚九段戦が7月22日に東京千代田区の囲碁将棋チャンネル竜星スタジオで行われた。
結果は266手まで、黒番の小林が半目勝ちをおさめ、4年ぶり2回目の優勝を決めた。

4年ぶり2回目優勝の小林
「8歳のときに長野県から出てきて偉大な趙先生に会って、いつか追いつこうと思っていました。今日勝って追いついたと思っていませんが、必ず追いつきたいと思っています。ですので、(趙先生、)長生きして下さい(笑)。また、この機会をいただいたフマキラーさんにはとても感謝しています。本当にありがとうございます。あと50年くらいは続けていただければと思います(笑)。」
趙(中央)の2年ぶりの優勝はならなかったが、局後の大盤解説会場では独り舞台。満員の会場が笑い声につつまれた。
優勝した小林を中心に関係者との記念撮影
左より、立会人の山城宏九段、團宏明日本棋院理事長、準優勝の趙治勲名誉名人、小林覚マスターズ杯、フマキラー大下俊明会長、フマキラー大下一明社長、
大盤解説会は人気棋士同士の対局ということもあり、満員。大勢のファンが、解説の羽根直樹九段、聞き手の万波奈穂三段の軽快なトークと対局の経過を楽しんだ。
大盤解説会の司会は囲碁大使の戸島花さん。ファンから写真を求められるなど、囲碁界ではすっかりおなじみ。

マスターズカップ決勝

黒:小林覚九段 白:趙治勲名誉名人 黒番266手半目勝ち


(幽玄の間解説:柳時熏九段

日本棋院ネット対局「幽玄の間」では囲碁マスターズカップをライブ中継いたしました。

日本棋院YouTubeチャンネルでは囲碁マスターズカップ大盤解説会を動画ライブ配信いたしました。

◎フマキラー第7回囲碁マスターズカップの特設ページはこちら