【IMSAエリートマインドゲームズ2017】3日目(12/12)結果

 囲碁、チェス、ブリッジ、チェッカー、中国将棋によるマインドスポーツの総合大会、IMSAエリートマインドゲームズ2017(中国・江蘇省淮安市)は12月12日に男女の団体戦予選第3ラウンドが行われた。
 男子チームは韓国チームと対戦し、0勝2敗で勝点0。
 女子チームはヨーロッパチームと対戦して2勝0敗で勝点2を獲得した。
 男子チームは通算勝点2、勝星2勝、女子チームは通算勝点4、勝星4勝となった。
 男子チームは4位以下が確定した。

 日本からは、六浦雄太七段(団体、ペア碁)、芝野虎丸七段(団体、個人)、藤沢里菜三段(団体、個人)、牛栄子初段(団体、ペア碁)の4名が出場している。

 詳細な結果については中国囲碁協会をご参照ください。

左 芝野虎丸七段  右 朴廷桓九段

左 NATALIA KOVALEVアマ、右 藤澤里菜三段

12月12日(火)の日本チームの戦績

  • ■ 団体男子 日本 VS 韓国
    朴 白中押し勝ち 芝野
    申 黒中押し勝ち 六浦
  • ■ 団体女子日本VSヨーロパ
    藤沢 黒中押し勝 NATALIA
    牛 白中押し勝ち MANUEL
男子負け、女子勝ち。男子の4位以下が確定しました。

参加選手

男子団体
日本チーム 六浦雄太七段芝野虎丸七段
中国チーム 柯潔九段、唐韋星九段
韓国チーム 朴廷桓九段、申眞諝八段
中華台北チーム 王元均八段、陳詩淵九段
米国チーム 江鳴久七段、胡子揚二段
欧州チーム イリア・シクシン初段、マテウス・スルマ初段
女子団体
日本チーム 藤沢里菜三段牛 栄子初段
中国チーム 於之瑩六段、陸敏全四段
韓国チーム 崔精七段、呉侑珍五段
中華台北チーム 黒嘉嘉七段、楊子萱初段
米国チーム 余瑾アマ、陳婉瑜アマ
欧州チーム NATALIA KOVALEVアマ、MANJA MARZアマ

日程

12月9日(土)夜: 開幕式
12月10、11、12、13日(日~水): 男子団体戦/女子団体戦
12月14日(木): 男子個人早碁/女子個人早碁/ペア戦 各予選ラウンド
12月15日(金): 男子個人早碁/女子個人早碁/ペア戦 各本戦ラウンド

大会ルール

  • (1)中国ルール採用(コミ7目半)
  • (2)男・女団体戦
    1チーム2名構成、計6チーム(日・中・韓・中華台北・欧州・北米)
    一日1局、全4局対局し、ポイントの高い順に最終順位がつけられる。
    持ち時間は、各2時間(秒読み:60秒×5回)
  • (3)男子・女子個人早碁戦
    • (あ)ルール: 参加者は男女各6名で、予選と本戦がある。
      持ち時間はNHK杯方式(1手30秒の考慮時間10回)
    • (い) 抽選ルール:
      以下の3つのレベルに分けられ、抽選は第1レベルの選手から行い、グループ(A、B)分けされる。
      第1レベル:中国、韓国
      第2レベル:日本、中華台北
      第3レベル:欧州、北米
  • (4)ペア戦 
    • (あ)ルール: 男女6組(全12名)による予選と本戦。
      持ち時間:NHK杯方式(1手30秒の考慮時間10回)
    • (い) 抽選ルール:以下の3つのレベルに分けられ、抽選はまず第1レベルのペアから行い、グループ(A、B)分けされる。
      第1レベル:中国、韓国
      第2レベル:日本、中華台北
      第3レベル:欧州、北米

参考リンク

関連リンク