井山&山下 16強戦で涙呑む【2017三星火災杯ワールド囲碁マスターズ大会16強戦】

 「2017三星火災杯ワールド囲碁マスターズ大会」本戦が、9月5日(火)に韓国で開幕した。ダブルエリミネーション方式で1回戦にあたる32強戦3回戦を争った。
 日本から参加したのはシードの井山裕太九段山下敬吾九段、統合予選を勝ち抜いた小松英樹九段だ。この32強戦を勝ち抜いてベスト16に進出したのは井山と山下だ。

 本日9月25日(月)11時から16強戦が韓国の大田市で行われた。日本勢の井山と山下は、順に韓国の申眞諝八段と中国の童夢成六段に敗れ、この時点で日本勢敗退となった。ベスト8は韓国4、中国4だ。

 26日(火)に準々決勝(8強戦)が行われる。16強戦の対局結果と準々決勝の組み合わせは下表の通り。

 詳細は週刊碁の記事をご覧ください。
 三星火災杯ワールド囲碁マスターズ大会は日本棋院ネット対局「幽玄の間」でライブ中継いたします。


残念無念、井山力尽く。積極果敢な打ち回しを見せたが...


山下、進撃もここまで


対局会場。井山は開始から10手もいかない序盤から上着を脱いで戦闘態勢

16強戦 対局結果

――△印は先番。左側が勝者
 安 成浚七段(韓) 中 押 △柯  潔九段(中)
 童 夢成六段(中) 中 押 △山下敬吾九段(日)
 申 眞諝八段(韓) 中 押 △井山裕太九段(日)
 柁 嘉熹九段(中) 中 押 △李 世乭九段(韓)
 辜 梓豪五段(中) 中 押 △朴 永訓九段(韓)
 唐 韋星九段(中) 中 押 △宋 泰坤九段(韓)
△朴 廷桓九段(韓) 中 押  趙 晨宇四段(中)
△安 国鉉八段(韓) 半 目  陳 耀燁九段(中)

8強戦 組み合わせ

安国鉉八段(韓)―柁嘉熹九段(中)
朴廷桓九段(韓)―辜梓豪五段(中)
申眞諝八段(韓)―唐韋星九段(中)
安成浚七段(韓)―童夢成六段(中)


2017三星火災杯ワールド囲碁マスターズ大会16強戦

黒:井山裕太(日本) 白:申眞諝(韓国) 白番中押し勝ち


(幽玄の間解説:張豊猷八段

2017三星火災杯ワールド囲碁マスターズ大会16強戦

黒:山下敬吾(日本) 白:童夢成(中国) 白番中押し勝ち



関連記事