井山が名人奪還、2度目の七冠達成!【第42期名人戦挑戦手合七番勝負第5局】

高尾紳路名人井山裕太六冠が挑戦する第42期名人戦挑戦手合七番勝負(主催・朝日新聞社)の第5局が10月16、17日(月、火)に静岡県熱海市「あたみ石亭」で行われた。持ち時間は各8時間。

結果は井山が197手まで黒番中押し勝ちをおさめた。シリーズ対戦成績を4勝1敗として名人を奪取、史上初となる2度目の七大タイトル独占を達成した。終局時刻は18時36分。持ち時間8時間のうち残り時間は黒番の井山が5分、白番の高尾が7分だった。

対局の詳細については朝日新聞の報道と観戦記、週刊碁月刊碁ワールドの記事にてお楽しみください。

「井山裕太 二度目の七冠」特設ページはこちら

両対局者のコメント

井山挑戦者

(全体を振り返って)すごくいい内容だったかわかりませんが、自分なりには全体的に精一杯力を出したかなと思う。
(今後について)これまで通り一局一局積み重ねていくだけ。世界でなかなかいい結果が出てないので、何とか結果を残すため精一杯挑戦していきたい。

高尾名人

自分なりに精一杯やったのでこれが実力かなと。内容的には自分らしく思い切り打った。井山さんの強さを改めて感じた。打てば打つほど強くなっている感触。井山さんとたくさん打てて、勉強になった。今後に生かしていきたい。

激闘を制し井山が名人復位、七冠再達成
高尾の名人防衛はならなかった
多くの報道陣が終局直後の対局室に詰め掛けた
控室では立会の本因坊秀芳、新聞解説の秋山九段、幽玄の間解説の金八段らが検討を行う
舞台となった「あたみ石亭」
2度目の七冠を達成した井山

第42期名人戦七番勝負第5局

黒:井山裕太六冠 白:高尾紳路名人


(幽玄の間解説:金秀俊八段

現地陣営

立会
二十四世本因坊秀芳
新聞解説
秋山次郎九段
記録
風間隼三段小池芳弘二段

特設サイト、関連リンク

朝日新聞デジタルでは「囲碁名人戦七番勝負タイムライン」で対局の様子を報道しています。
日本棋院ネット対局「幽玄の間」でライブ中継いたしました。
また、ニコニコ生放送でも生中継いたしました。
第42期名人戦挑戦手合七番勝負特設ページはこちら
ネット対局「幽玄の間」では封じ手予想クイズを実施いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

関連記事