李!六浦!安達!姚!【第12回広島アルミ杯・若鯉戦2回戦】

 30歳以下、七段以下の棋士で争われる第12回広島アルミ杯・若鯉戦本戦トーナメント(特別協賛:広島アルミニウム工業)が11月25日(土)に開幕した。1回戦が午前、2回戦が午後に行われた。熱戦の結果は以下の表の通り。
 2日目の準決勝に勝ち進んだのは李沂修七段六浦雄太阿含・桐山杯安達利昌四段姚智騰四段の4名。組み合わせは、李―安達、六浦―姚。

 若鯉戦は早碁対局。早い展開の中で気迫と気迫がぶつかり合う対局が若者の碁、若者の大会らしいところ。明日の準決勝と決勝戦もぜひ、ご注目ください。

 日本棋院ネット対局「幽玄の間」では決勝までの全局を棋譜ライブ中継いたします。お楽しみに。

2回戦の対局結果

――左側が勝者。△印は先番
 安達 利昌四段 中 押 △佐田 篤史三段
△李  沂修七段 6目半  志田 達哉七段
 六浦雄太阿含・桐山杯 中 押 △張  瑞傑二段
 姚  智騰四段 中 押 △大淵浩太郎四段

1回戦の対局結果

――左側が勝者。△印は先番
△佐田 篤史三段 中 押  上野愛咲美初段
△安達 利昌四段 中 押  飛田 早紀初段 
 志田 達哉七段 3目半 △平田 智也七段
△李  沂修七段 中 押  星合 志保二段 
 六浦雄太阿含・桐山杯 中 押 △向井千瑛五段
 張  瑞傑二段 中 押 △外柳 是聞二段
 姚  智騰四段 中 押 △吉川  一三段 
△大淵浩太郎四段 11目半  沼舘沙輝哉五段



李は第1回の本大会で準優勝。今期こその思いを込めて

六浦は一昨年に準優勝。阿含・桐山杯を引っ提げて広島へ

十段戦本戦入りなど着実に実績を積む安達

姚は各棋戦でリーグや本戦近くまで進出している

敗退者は指導碁へ。勝負に負けないくらい大切な対局。写真は吉川三段

参加棋士

東京本院・男性棋士(8名)
東京本院・女性棋士(3名)
関西総本部・男性棋士(1名)
中部総本部・男性棋士(1名)
関西総本部/中部総本部/関西棋院合同・男性棋士(2名)/同・女性棋士(1名)

日本棋院ネット対局「幽玄の間」では広島アルミ杯・若鯉戦の模様を全局棋譜ライブ中継いたします!

関連記事