本木が81手目を封じる【第72期本因坊戦挑戦手合七番勝負第4局】

本因坊文裕(井山裕太九段)本木克弥八段の挑戦を受けている第72期本因坊戦挑戦手合七番勝負【主催: 毎日新聞社、協賛: 大和証券グループ】の第4局が6月15日(木)9時から福岡県みやこ町の「サン・グレートみやこ」で始まった。ここまでのスコアは文裕の3勝。本局は本木の先番で対局開始だ。

1日目は16時49分に黒番の本木が81手目を封じて打ち掛けとなった。17時までの残り時間11分は、本木八段の消費時間に加える。持時間8時間のうち消費時間は黒番の本木が4時間17分、白番の文裕が2時間43分だった。この対局は16日(金)午前9時に再開し、同日夜に終局の見込み。

文裕が一気の4連勝で6連覇を決めるか、本木八段が初白星をあげるか。ぜひお楽しみください。


本木(右)が17時を前に封じた。受け取るのは立会の大竹英雄名誉碁聖


熱戦と同時進行で開かれた指導碁会も熱戦に。小林覚九段(右)が丁寧に指導


第4局は、みやこ町「サン・グレートみやこ」が熱戦の舞台


みやこ町は好天に恵まれ、山々まで石音がこだまする?!

第72期本因坊戦第4局1日目打ち掛けまで(80手目)

白:本因坊文裕 黒:本木克弥八段

(幽玄の間解説:潘善琪八段

本因坊戦七番勝負は日本棋院ネット対局「幽玄の間」でライブ中継いたします。

第72期本因坊戦挑戦手合七番勝負特設ページはこちら

ネット対局「幽玄の間」では封じ手予想クイズを実施します。たくさんのご応募お待ちしております!